クレジットカード関運用語集

クレジットカード関運用語集

本記事の内容

あ行

アービトレーション = arbitration

仲裁。メンバー間の争いをチャージバックで解決しようとしたが、解決できない場合、VISAまたはMasterCardが中に立って行う裁定手続。

アウトゴーイング = OutgOing

クレジットカード統計用語の1つ。売上高を集計するうえで自社が取り扱ったカード取扱高のうち、決済のため国内および海外他社に仕向けた取扱高を指す。アウトソーシング業務の一部を外部の業者に委託すること。

赤伝 = あかでん

取引をキャンセルした場合に作成する代金払い戻し用の赤色の伝票。

アクセプタンス = acceptance

加盟店がクレジットカードを受け入れること。

アクワイアラー = acquirer

加盟店を開拓し、加盟店契約を締結し、加盟店を管理するクレジットカード会社。

アフィニティカード = afinity card

クラブ、同窓会、スポーツチームなどの非営利団体を提携先として発行されるクレジットカード。

イーコマース = e-commerce

電子商取引

イシュアー = issuer

クレジットカードを発行するカード会社。

インカミング = incoming

クレジットカード統計用語の1つ。売上高を集計するうえで、決済のため、国内および海外他社から仕向けられた取扱高を指す。

インターチェンジ = interchange

イシュアーとアワフイアラーとの間で行われる取引データの交換。

インターチェンジ リインバースメントフィー = interchange reinbursement fee

アワフイアラーがイシュアーに支払う売上交換手数料のこと。加盟店手数料を分配する原型。「貴社(イシュアー)のお陰で、当社(アワフイアラー)の売上が伸びました。これはそのお礼です」というアワフイアラーの気持を表したもの。VISA、MasterCard等の国際ブランドカード会社が両者間の分配率を定める。

エンコーダー = encoder

磁気テープ等に入力する機器。

オーソリ = オーソリゼーション

信用照会。オーソリ・ログは信用紹会記録のこと。オーソリ請求 = AR = 信用照会請求。

オーバーザショルダー = Over the shoulder

肩越しの覗き見。クレジットカードの暗証番号を盗み取る手回の1つ。

オンアス取引 = on us transaction

イシュアーとアワフイアラーとが同一のカード会社である場合のカード取引。たとえば、三井住友VISAカードが、三井住友VISAカード会社の加盟店で使用された取引。

オンネームカード = On name card

提携先の名前やブランドを付したクレジットカード。

か行

金選好 = = gold propensity

金を好む度合い。

クーリングオフ

一定期間内であれば、無条件で申し込みを撤回または契約を解除できる消費者保護制度。

クッキー = cookie

ウエブサイトの提供者が、自分のサイトにアクセスした人の情報や最後にアクセスした日時等を記録、保存し、後で追跡調査できるようにするセキュリティ技術を備えるパソコンソフト。

クラッカー = cracker

コンピュータ犯罪を行うハッカーのこと。

クリアリング = clearing

異なった加盟店で発生した売上伝票を個々のメンバー別に仕分けして、メンバーの支払いと受取り分を相殺すること。グレーゾーン金利 利息制限法の上限金利と出資法の罰則金利との中間にある金利。

クレジット・ウイザード = credit wizard

基本的にはクレジットマスターと同じだが、カード会員情報がさらに詳しく付加されているインターネットのサイト。

クレジット・ビューロー = credit bureau

すべての消費者信用産業を対象とする包括的な個人信用情報センター。

クレジット・マスター = Credit master

インターネットのサイトの1つ。1994年アメリカで作成されたプログラム。国際ブランドのクレジットカードのBIN(ICA)ナンバーを示すほか、カード番号生成機能やカード番号挿入機能等を備えている。偽造カード作成上悪用される。

グローバルATM

VISAまたはMasterCardが世界規模で展開するATMのこと。VISA PLUS ATM・MiasterCard CIRRUS ATM。

検索請求 = retrieval request

カード会員またはイシュアーが、問題取引のデータを調べるため、アワフイアラーに対し、データの写しなどを送るよう請求すること。

コード10

加盟店からカード会社ヘ発信される緊急連絡。店頭に不審な客が来店しているときに、発信される緊急電話照会等。

コールミー制度 = call me system

信用照会請求に対しイシュアーが発する「イシュアーに電話せよ」との連絡。

コ・ブランドカード = ダブルカード

提携先のマーケティングを主な目的として発行される提携カード。アフィニティカードと区別するためにIMasterCardが使い出した用語。

コンプライアンス = cOmpliance

あるメンバーのルール違反により、他のメンバーが金銭的損失を被った(または被るおそれがある)場合、両者間の争いがチャージバック制度で解決できないとき、VISAまたはMasterCardに対し訴え出て解決を求める制度。

さ行

サーチャージ = surcharge

手数料の上乗せ。VISA、MasterCardは、カード取引と現金取引とを差別することを禁止し、カード取引価格に手数料を上乗せすることを厳禁している。

サイバー犯罪 = cybernetic crimes

仮想(電脳)空間で行われる犯罪行為。

サイバーモール = :cybernetic mall

電脳空間の商店街

サインアウト = signout

信用照会関連用語の1つ。イシュアーはVISAまたはMasterCardに対し、営業時間外(たとえば昼休み)にはオーソリ請求への回答を休む旨をあらかじめ届け出ておくこと。この場合、VISA、MasterCardは、イシュアーに代わって回答を行う。

ジェートランスサービス = J-トランスサービス

日本カードネット社が運営する加盟店の売上伝票回収サービス。蛇頭文化大革命(1966)時代に、香港に亡命した犯罪グループの1つ。密航希望者の手引を目的とし、運搬、パスポートや資格証明書の偽造、送り先国での仕事の手配等を行う組織的密航稲助団体。

ジョイントカード

郵貯キャッシュカードにクレジットカード機能を付加したカード。地方自治体と提携し、行政サービスにクレジットカードの機能を付加したものもある。

ジョイントサービス

日本信販など信販19社間のATM回線。信用照会端末機のおもな種類 CAT、S-CAT、G-CAT、CCT、POS、SGT、JET-S、MASTER-T、BIT、JET-ALONEなど。

スイッチカード = switch card

業態、の異なるカード会社(たとえば、銀行系と流通系)が発行する提携カード。

スキミング、スキマー = Skimming skimmer

クレジットカードの磁気テープの内容を盗み取るカード偽造犯の手回の1つ。スキマーは、そのための電子機器。VISA、MasterCardのCVV・CVCに対抗し、偽造グループがマレーシアで考案した手口とされている。

スパム = spam

他人のe-mailアドレスに向けて営利目的のメールを無差別、大量に配信すること。インターネット上のDM。インターネットではメール受信料は受信者の負担となるため、一方的に送られてくるこの種メールは、きわめて迷惑、悪質である。また、スパムはメールを1度にかつ大量に配信するため、ネット上の公共回線に過度の負荷がかかることも問題とされる。メール爆弾とも言われる。

スコアリングシステム = scoring system

クレジット申込者の年齢、居住状況、勤務形態、信用情報機関の情報等を点数化し、これを合計したものによって、申込者の信用度合いを判断する客観的な与信方法。

スタンドアローン型ATM

屋外に単独で設置されたATM

スタンドインプロセッシング = stand in processing

VISAやMasterCardがイシュアーに代わって、信用照会業務を行うこと。イシュアーが多忙なとき、あるいは回線が故障したときやイシュアーが業務を休んでいるときなどに、イシュアーがあらかじめ届け出ていた指図書(スタンドイン・パラミター)に従って、オーソリ回答が行われる。

スペシャルライセンス

VISAインターは、1987から88年に、日本信販、クレディセゾン、ダイエーファイナンス(いずれもノンバンク)との間で、VISAカードの発行権のみを認める契約を締結した。この契約をスペシャルライセンスという。VISAは、本来銀行のみを参加させる国際的なカード発行組織であるので、この契約は内外に多大の反響を呼んだ。

スマイル プロジェクト = standard snlart card integrate settlement system

(旧)通産省が「先進的情報システム開発実証事業」の一環として、日立製作所、富士通、都銀、クレジットカード会社、カード印刷業者、電子機器メーカー等19社が、1998年11月に発足させたICカードプロジェクト。

スワイプ = swipe

信用照会端末機の溝にカードを差し込んで手前にこする行為。磁気テープの内容を電子的に読取る

セキュリティ・フィーチャーズ = security features

クレジットカードに組み込まれている偽造対策用の種々な仕組み。

セキュリティ・ブレティン = security bulletin

VISA、 MasterCardがメンバーに配送するセキュリティ関連の警告書。

セットルメント = settlement

クリヤリングで計算されたメンバー間の勝負尻を特定の決済銀行で決済すること。

た行

耐タンパー性

外部からの覗き見、すかし見、加工等に抵抗力を持つこと。

タッピング = tapping

盗聴すること。

タンキング = tanking

データを蓄積すること。

チヤージバック = chargeback

イシュアーがアクワイアラーから取引データを提供(プンゼントメント)された後で、その内容に異議を申し立て、先取りされた取引代金を取り戻す行為。異議申立て、不服申立て、クレームをつけるともいう。

チヤージバック リーズン = chargeback reason

チャージバックの理由づけ。VISAやMasterCardがあらかじめその内容等を定めている。この理由にナンバーを付けたものをリーズンコードという。

データマインニング

膨大な量のデータを解析し、因果関係を導き出す手法。いろいろなデータを組み合わせ、分析して1つの結論を推定したが、これが実情と異なる場合に、この食い違いを少なくする手法。

テラネット

全国信用情報センター連合会が設立した欄テラネット社。他業態に属するクレジットカード会社にも、個人信用情報を開放するシステムを運営。

電子財布

電子マネーの入れ物。銀行の回座から電子マネーを引き出すための本人確認機能や正しく支払うための通信機能等も備えている。

な行

ネズミ講 = pyramid scheme merchant transaction

マルチまがい商法の類。特定商品取締法において連鎖販売取引として規制されている。

ノーショウ = no show

予約をしたが、約束の時間に姿を現さないこと。ホテル、レンタカー等で発生。

ノン。オン・アス取引 = non on us transactions

イシュアーとアワフイアラーとが別の企業体の場合のクレジットカード取引。

は行

ハイブリッドカード = コンビネーションカード

ICカードの1つ。混合型カードとも呼ばれる。接触型と非接触型の複合。クレジットカード、電子マネー、社員証などに利用される。

ハウスカード = house card

ある企業またはそのグループ内だけで通用するクレジットカード。

8%マーチャント・ウオッチング・システム

ある加盟店の、一定期間における、カード不正取引(金額、件数とも)を分子とし、同期間中の総売上高(金額、件数)を分母として、その割合が8%を超える加盟店を要注意店としてメンバーに通告するVISA、MasterCardのセキュリティシステム。

ハッキング = hacking、hacker

コンピュターの技術を限界まで活用し、楽しむ人のこと。好奇心が強く、善悪の見境なく、他人のコンピュターに入り込み、データを盗み見たり、暗号を解読したりするので、ややもすれば、犯罪者のイメージが強くなる。クラッカー参照。

ハワラ

ハフラはヒンズー語で「信用」を意味する。イスラム伝統の送金システム。電話一本で送金できる信用取引システム。ドバイに本部がある。

ビザ・インターナショナルの参加メンバーのランク名

① プリンシパル…本会員
② アソシエイト…①の指図の下、①の業務を行う。
③ パティシパント…①または②の指図の下、会員勧誘と加盟店開拓を行う。
④ マーチャントバンク…加盟店業務を行う。
⑤ その他…キャッシング、TC業務を行う。
⑥ スペシャルライセンシー…特別の資格で参加を認められたメンバー。

ブラック情報

クレジットカード関連の延滞、貸倒れ、代位弁済、法的回収、破産等の事故情報。ネガティブ情報ともいう。

フルフィルメント = fulfinment

アワフイアラーがイシュアーの検索請求に対して回答すること。

プレゼントメント = presentment

アクワイアラーがイシュアーに対してカード取引データを提供すること。

フロアリミット = floor limit

加盟店は、一定金額以上のカード取引においては、その都度、イシュアーに対して販売の承認(オーソリゼーション)を求めることを義務づけられている。この基準額をフロアリミットという。セキュリティの観点から、この金額は段階的に引下げられている。ゼロフロアリミットに近づいている。

フロードリポートシステム = taud report system

不正行為報告システム

ベンダー = vender

本来の意味は売主。カード業界では、主として、カード印刷業者や信用照会端末機製造販売業者を指す。

ポートスキャン = port scan

ネットワークを通じ、サーバーに連続してアクセスし、セキュリティホール(弱み)を探す行為。この結果、侵入口が見つかると特殊なプログラムを使って不正侵入を行う。

ボイラールームオペーレーション = boiler room operation

ビタレの地下にあるボイラー設備等の片隅を利用して、カード偽造等の不正行為を行うこと。

ホログラム = hologram

レーザー光線を利用した立体写真。カード偽造対策の1つとしてカードに織り込まれている。

ホワイト情報

クレジットカードの正常な利用状況、その他正常な情報をいう。ポジティブ情報ともいう。

香港マフィア

香港の中国本土復帰(1997年)前から、同地で暗躍していた不良犯罪グループ。リュウマン、三弟、西門幇、清滝会、爆窃団、蛇頭、14k、三合会、新義安など。

ま行

マスターカードインタナショナルの参加メンバーのランク名

① プリンシパル…本会員
② アソシエーション…①の指図の下、①の業務を行う。
③ アフィリエイト…①または②の指図に従い、業務を行う。
④ エージェント…①の名称の下、①の業務を代行する。
⑤ TCメンバー…TC業務を行う。

マネーロンダリング = money laundering

資金洗浄。麻薬取引などで得た不正な資金を複数の銀行口座間で資金移動することにより、その出所を隠すこと。

マエストロ = MAESTRO

MasterCardのデビットカード。オンライン、暗証番号を基礎とした世界規模のデビットカードを指す。

マルトス = MULTOS

ICカードの標準規格の1つ。MasterCardが後押ししている。IS07816に準拠。

や行

ヤンセ(人蛇)

蛇頭の一味。

ら行

レンダース・エクスチェンジ = lenders exchange

貸し金業者が集まって、設立、運営する個人信用情報センター。

ロス・レーシオ方式

損害保険会社が次期保険料率改定の目安とする算定方式。当期の保険金支払額を当期の保険料受取額で割った数値。

A

ACH = automated clearing house

アメリカにおける主要決済システムの1つ。カード決済は主としてこの回線を通じて行われる。

ATO = account taken over

アメリカのクレジットカード犯罪手回の1つ。カード会員の勘定の丸ごと乗っ取り。

ACS

地方銀行間のATM回線。

AES

アメリカ政府が検討中の次世代暗号技術。

AP AREA

アジア・太平洋地域。

ATM = automated teller machine

現金自動出納機

ATM JOURNAL

ATM作動記録および監査テープ。

B

BANCS

都市銀行が提供するATM共同オンラインキャッシングサ―ビス。

BANKNET

MasterCardインタナショナルの世界規模の通信回線。

BC = brother company

銀行系カード会社の用語。特定グループ(たとえば、VISA JAPAN)に属しているクレジットカード会社を指す。

BIN = bank(base)identification nunber

VISAまたはMasterCardのメンバーを特定するナンバー。

BOS

暗号用語の1つ。日本のビーオーエス・ネットワーク研究所が開発した共通鍵暗号方式に基づく暗号技術。

B to B = business to business

企業間のネット取引

B to C = business to consumer

企業と個人消費者との間のネット取引

C

CA = certificate authority

暗号用語の1つ。送信者の本人確認を行う認証機関のこと。

CAFIS = credit and finance information system

NTTデータ通信齢の通信ネットワーク。

CARDNET

日本カードネット社の信用照会専用回線。

CATNET = credit application terminal network

日本IBM社の通信ネットワーク。

CAT = credit authorization terminal

信用照会端末

CC手順

クレジットカード標準接続手順。CCTとCAFIS手順に対応。

CCP = cornmittee for consumer policy

OECDが1994年6月に設置した消費者政策委員会。チャージバック制度を調査。

CD = catt dispenser

現金自動引出機。

CDS = credit data sorting

NTTデータ通信粉が運営している加盟店の売上伝票の回収サービス。

CCCS = consurner credit counseling service

アメリカの消費者クレジット相談サービス。

CIA = central intelligence agency

アメリカ中央情報局。海外での情報収集、政治工作を担当する大統領直属機関。

clc = credit inforrnation center

(株)シー・アイ・シー。日本クレジット産業協会、全国信販協会、日本信用情報センターが共同して設立した個人信用情報センター。

CICS

旧都銀6行間のATM回線。

CIRRUS

MasterCardが展開する世界規模のグローバルATMの名称。

CMD = credit rnanagernent data center

日本クレジット産業協会と全国信販協会とが運営している不良加盟店情報交換制度。

CPP = common purchase point = common point of purchase

偽造カード被害にあった複数のカード会員が、共通して利用した加盟店のこと。そこでスキミングなどが行われた可能性が高い。

CRIN = credit inforrnation network

全銀協、CIC、全情連の3社協議会が構築した、業際を超えた事故情報交流システム。

CRIS = cardholder risk identification system

VISAが提供する信用照会モニタリングシステムのこと。

CS = central site

VISA、MasterCardの中央データ電子処理機関。

CVC = card verification code

MasterCardの偽造対策用特殊照合値。

CVV

VISAの偽造対策用特殊照合値。なお、これに類するものとして、JCBはCAV、AMEXはDBC、DINERSはCVVを持っている。

D

DES = data encryption standard

アメリカ商務省標準局が1977年に公布したアルゴリズム公開型の共通鍵暗号方式。

DLL = down line loading

中央の処理センターからカード情報を末端の端末機に電子的に流し込むこと。逆に、端末機から手動で情報を取り寄せる機能もある。

E

ECR = emergency card replacernent

MasterCardの緊急カード再発行制度

EPOC = efficient probabilistic publickey encryption

NTTが開発した公開鍵暗号方式。

F

FALCON

アメリカのHNC社が提供する信用照会モニタリングシステムの商品名。

FC = franchise company

ある特定のグループに属するカード会社。

FCRA = the Fair Credit Reporting Act

アメリカの公平信用報告法。

FD方式

損害保険会社が次期保険料率改定の目安とする算定方式。事故発生頻度(F)を平均損害額(D)で割った数値。

FDS = fraud detection system

JCBが開発した不正行為探知システム。

FEAL = fast data encipherment algorithm

NTTが開発した秘密鍵暗号方式。

G

G-P NET

G-Pネット社の信用照会専用回線。

I

IAFCI = international association of financial crimes investigators

金融犯罪調査官の国際協会。前身はIACCI(クレジットカード犯罪調査官国際協会)。米国カリフォルニアに本部をおく非営利国際団体。メンバーは、金融機関、国際ブランドのクレジットカード会社、旅行小切手業者等のセキュリティ担当者等。

IANA = internet assigned nurnber authority

ISOCの下部組織。世界のインターネット アドレスやドメインを管理する団体。

IBANCO = international bank card organization

VISAインターナショナルの前身。

lCA = interbank card association

MasterCardインターナショナルの前身。

ICBA = international credit card business association

国際カードビジネス協会。

ICPO = international crirninal police organization

国際刑事警察機構。

INAS = = interbank network for authorization system

MasterCardの信用照会システム回線。

INET = = interbank network for electronic transfer

MasterCardの国際決済システム回線。

ISO = international standardization organization

国際標準化機構(本部、スイス ジュネーブ)。工業の標準化を定める国際機関。

lSOC = internet society

インターネットのアドンスの管理、技術の標準化、運用ルールを定める機構。

J

JADMA = = Japan direct rnarketing association

日本通信販売協会。JAVA CARD ICカードの標準規格の1つ。VISAが後押ししている。IS07816に準拠。

JCCA = = Japan credit card association

日本クレジットカード協会。銀行系カード会社が組織している任意団体。1984年発足。

JCFAこ = Japan consurner finance association

日本消費者金融協会。

JCIA = Japan credit industry association

日本クレジット産業協会。経済産業省の管轄下にあるクレジット業界団体。

JICSAP = = Japan ICl card systerll application council

日本ICカードシステム利用促進協議会。都銀、クレジットカード会社、情報通信社、電子機器メーカー等76社が1993年3月に設立した業界組織。ICカード仕様の標準化、利用技術の検討、アプリケーションの研究等を目的とする。

JPNIC = Japan network information center

IANAの下で日本のインターネットのドメインやアドレスを管理する団体。

JPR = JCCA pos report

クレジットカード買い回リチェックシステム。百貨店、大型POS店で発生するフロアリミット以下の要注意(不審な)買い回りについて、関係カード会社に通告するシステム。

JUNET

1984年に日本で初めて構築された学術ネットワーク。わが国におけるインターネットの草分けといわれる。

K

KES = key escrowed system

暗号化された通信内容を裁判所の許可の下で解読する仕組み。鍵供託システムと呼ばれている。アメリカ政府が提唱する暗号政策。テロ、麻薬などを取り締まるため、解読を合法化するもの。

L

LAT = = limited arnount ternlinal

一定金額の取引を行う端末機。公衆電話、トール料金、駐車場料金、地下鉄料金等を扱う端末機。

LONGS

(旧)長銀、興銀と商工中金の間のATM回線。

M

MASTER CHARGE

MasterCard Internationalの前身。

MCC = = merchant category code

加盟店の業種を表すコードナンバー。

MCI

MasterCard Internationalの略称。

MASTER Net

日本ネットワークサービス社の信用照会専用回線。

MICS

全国キャッシュサービスオンライン提携網

MONDEX

英国のMONDEX International社。日本の日本モンデックス推進協議会。MONDEX International社は、National Westminster銀行、Midlannd銀行、British Telecom通信社により、1995年に設立された。ICカード型電子マネー プログラムを開発。1997年にMasterCardの傘下に入った。

MOTO = mail order/telephone order

通信販売のこと。

N

NBI = NATIONAL BANK OF AMERICARD INC.

VISA USAの前身。

NCS = Nippon cash service

日本キャッシュサービス腑。都市銀行13行、地銀23行、相銀18行が1975年に設立したCDサービス。1996年、その使命を終え解散。

NICEE = Nippon credit business exchange network

オリエントコーポンーション、セントラルファイナンス、ライフ、ジャックス4社間のATM専用回線。

NILSON REPORT

アメリカのクレジットカード専門誌、世界的に著名かつ権威のある調査誌。

NRI = never received issue

郵送途中に抜き取られたクレジットカード。

O

OCAP = = operation center Asia Pacific

アジア太平洋地域内VISAカード業務処理センター

P

PAN = = prirnary account number

イシュアーおよびカード会員の取引勘定番号のこと。

PGP = = pretty good privacy

ネットワークアソシエイト社が開発した強力な暗号化機能を持つ電子メールソフト。メール本文を暗号化し、公開鍵を利用した電子署名を採用。

PIN = = personal identification number

暗証番号。

PLUS

VISAが世界規模で展開するグローバルATMの名称。

POC = point of compromise

クレジットカード情報を盗み出し、これを犯罪グループに横流しする不良加盟店。

POS = point of sale

販売時点情報システム管理。小売店のレジスターと接続して本部のコンピュターに繋がり、伝票整理、帳簿計算、売上/在庫商品管理を行うシステム。

Proactive

先取り的な、事前行動の、を意味する言葉。テロ、その他の犯罪を未然に防ぐためにとられる措置に関連して用いられる。1984年、ベイルート米国海兵隊宿舎爆破事件をきっかけに使われ出した公安関係者の言葉。

Processing cycle

プロセシングサイクル。チャージバック関連のdataのやりとりなどに定められた一定の時間枠のこと。

R

Resulting ratio方式

実績率方式。損害保険会社の次期保険料率を見直す基準の1つ。事故実績により、当期中に受取り済みの保険料金額を見直し、払戻し等の措置を取る方式。

RIS = = risk identification service

VISAがメンバーに対し提供するセキュリティ関連のサービスの1つ。統計的に不正行為を頻発する加盟店をあぶり出し、その名前をメンバーに通告するサービス。

ROCS

労働金庫間のATM回線。

RSA

公開鍵暗号アルゴリズムを代表する暗号方式。情報の機密保持と送信者本人の確認を目的とする。RSAは、3名の共同開発者の頭文字をとったもの。

RTGS = = real‐tinle gross settlement

即時グロス決済のこと。中央銀行における金融機関口座振替のための手法で、金融機関から振替指図があり次第、1つひとつが直ちに決済される仕組み。

S

SANCS

信用組合間のATM回線。

SCRIP

一定地域内の商店で現金同様に利用できる金券の一種。

SCS

(旧)相銀間のATM回線。

SECE = = secure electronic corlmerce environment

NEC、富士通、日立製作所が共同開発した電子決済プロトコル。SETに日本の商習慣を盛り込んだもの。

SET = = secure electrorlic transaction

ネット上のクレジットカード決済を、安全・確実に行うための本人確認と暗号化を定めた標準方式。VISA、MasterCardが共同して開発した統一規格。

SOCS

信託銀行間のATM回線。

SS = secret service

米国財務省秘密検察局。偽造紙幣(クレジットカードを含む)取締りと大統領など要人警護を主な任務とする秘密情報機関。

SSL = = secure sockets layer

アメリカのネットスケープ社が開発したネット上でのdata授受のための標準プロトコル。認証と暗号化の機能を持つ。SETに較べ簡便な暗号技術で一般に手軽に利用されている。

SST = self service terminal

ガソリンスタンドのセルフ給油端末機のこと。

T

T&E = travel and entertainrnent

旅行と娯楽業界のこと。

TC = travelers check

旅行者用小切手。

TCC = = transaction category code

取引タイプを示すコードナンバー。THOMAS C00K 英国の著名な旅行者用小切手発行業者。

TOCS

都銀7行間のATM回線。

U

UATP = = universal air travel plan

アメリカンエアラインが1948年に発行した海外旅行者向けカード。

V

VELOCITY CHECK

取引回数のチェック。たとえば、 1日でATMを何回利用できるか、など。

VISANET

VISAインターナショナルの世界規模の通信回線。

W

WARNING BULLETIN

VISAやMasterCardがメンバーに流しているカード番号無効通知やその他のセキュリティ関連警告通知書。

SNSでもご購読できます。