クレジットカード取引の決済の流れと国内外の機関について

クレジットカード取引の決済

クレジットカード取引の決済の仕組みがよくわからないという人は少なくありません。そこで、今回はクレジットカードを使った決済システムの説明を、国内外で比較しながらご紹介します。

決済システムの概要

カード決済は、資金決済システムの中でどのような位置にあるのか。日米で比較してみましょう。アメリカでは、

  1. FED WIRE(Federal ReseⅣe CommunicationSystem)
  2. CHIPS(Clearing House lnterbank Payments System)
  3. ACH(Automated Clearing House)
  4. BANK WIRE
  5. SWIFT (The Society for worldwide Interbank Financial relecomrnunication:国際間の銀行取引に係わる情報伝達を行うもので決済機能はない)

という5つのシステムがあり、カード決済は主にACHを通じて行われています。

アメリカの主要決済システム

名称 運営団体 参加者 主要取引内容
FED WIRE 連邦準備制度
  • FRB(連邦準備銀行)
  • FRB加盟銀行
  • 財務省
  • 政府系金融機関
  • 連銀預け金付替え
  • ACH取引残高の付替え
  • 国債等の振替え
  • 連銀・財務省間の情報伝達
CHIPS ニューヨーク手形交換所
  • 交換所加盟銀行
  • エッジアクト法人(外国為替金融公社)
  • 在米外銀支店等
  • 国際金融取引の資金付替え
  • 一定の国内取引資金付替え
  • SWIFTとの連携
ACH 全米37地区のACH協会
  • 商業銀行
  • S&L銀行
  • 一部の企業
  • 財務省
  • 公的年金、社会保険給付金の支払い
  • 民間給付金、ローン返済金
  • 保険料、公共料金の支払い等
BANK WIRE ペイメント通信サービス公社 (PATS)
  • 全米、カナダの大手商業銀行
  • 顧客勘定の付替え
  • 銀行間の各種情報の伝達(証券売買、FED・FUND取引、外国為替取引の確認)
SWIFT SWIFT社(ベルギーの非営利法人)
  • 日米欧等の中央銀行や金融機関
  • 国際間の銀行取引に係わる情報伝達(決済機能はない)

資料:日本銀行業務管理局(旧称)第二次機械化プロジェクトチーム報告

があり、一方、日本では、カード決済は全銀システムで処理されている。

  1. 日銀ネット
  2. 手形交換所
  3. 全銀システム
  4. 外為円決済システム
  5. SWIFT

日本の主要決済システム

名称 運営主体 取引内容
日銀ネット(日銀金融ネットワークシステム)
  • 日本銀行
コール、手形取引などのインターバンク市場取引、債券売買、銀行券受払等に関する資金決済を加盟金融機関の日銀当座預金振替え(注①)を通じ行う
手形交換
  • 各地の銀行協会
各地の銀行協会手形、小切手等の交換、交換尻を計算し、これを日銀ネットで決済
全銀システム
  • 内国為替運営機構
企業や個人の遠隔地向け送金、給与振込、CD/ATM取引に伴う銀行間の資金貸借を集中計算し、その貸借尻を日銀ネットで決済(代行決済制度あり
外為円決済
  • 東京銀行協会
海外市場での外為取引に伴う円資金やユーロ円取引に伴う円預金の振替えなどのための支払指図を集中計算し、その貸借尻を日銀ネットにより決済(代行決済制度あり)
(注)

  • 2001年1月4日より、「即時グロス決済」(RTGS)制度が実施された。
  • 上記決済制度を補完するものとして表32に示したSWIFTがあり、わが国の大手銀行は1981年3月に加盟、日本地区センターはKDDに置かれている。

資料:『新版わが国の金融制度』日銀金融研究所、1995年

最近、急速にオンライン提携が進むCD/ATM取引も、全銀システムにより処理されている(なお、日経02・9・23「コンビニ決済広がる」の記事参照)。

決済の当事者

カード決済当事者は

  • アクワイアラー
  • イシュアー
  • 加盟店
  • カード会員
  • 決済銀行
  • カード取引中央処理センター(CS)

の6者間(オンアス取引やJCB、ダイナース、アメリカンエキスプレスの場合、アクワイアラー=イシュアーの関係にあるので5者間)で行われます。カード会員と加盟店間で行われるカード取引の決済は

  1. アクワイアラーと加盟店
  2. イシュアーとカード会員
  3. アクワイアラーとイシュアー
  4. アクワイアラーおよびイシュアーとCS
  5. Csと決済銀行との間

でそれぞれ行われます。ここでは、主として③~⑤の資金の流れに重点をおいています。

クリアリングとセトルメント

カード決済では、「クリアリング」と「セトルメント」という言葉がしばしば使われています。クリアリングとは、複数の加盟店で発生した売上伝票を仕分けし、個々のメンバーの支払いと受取り、すなわち、メンバーの勝負尻(ネットポジション)を計算するプロセスであり、いわば手形交換所のようなものです。CSがこの機能を果たしています。

一方、セトルメントとは、決済銀行に設置されているCSならびにメンバーの当座預金間の振替で、この勝負尻を決済するプロセスを指します。表34のA~D社は、いずれもアクワイアラー兼イシュアーです(オンアス取引では、複数の加盟店からデポジットされた売伝がアクワイアラー自社内で相殺されるため除外した)。

クリアリングとセトルメント図表

(単位:ドル)

売伝のデポジット CSによる相殺 CSに対するネットポジション 支払バランス
受取 支払 受取 支払
A社 B社向 25
C社向 25
D社向 50
100 125 25 0
B社 A社向 100
C社向 35
D社向 40
175 300 125 0
C社 A社向 25
B社向 200
D社向 100
325 60 265 0
D社 A社向 0
B社向 75
C社向 0
75 190 115 0

:「B社向け売伝」とは、B社が発行したカードで発生した売伝をいう。

「CSに対するネットポジション」で明らかなように、CSは各メンバーとの間で資金授受を行い勝負尻を精算します(=セトルメント)。

国内における決済

次の表は国内カード取引における決済のフローを示したものです。

国内における決済

  1. 〔イシュアー〕カード発行
  2. 〔カード会員〕商品・サービス購入
  3. 〔加盟店〕売伝デポジット、売上代金回収
  4. 〔アクワイアラー〕売伝を自社カード分(オンアス)、国内他社カード分、海外カード分に分類し、国内他社カードによる売伝を処理センターに送付
  5. 〔アクワイアラー〕海外カードによる売伝を海外カード取引処理センターに送付
  6. 〔処理センター〕メンバー別にネットポジションを算定(クリアリング)、アクワイアラーおよびイシュアーに通知
  7. 〔処理センター〕全メンバーのネットポジションを決済銀行に通知、決済を依頼(セトルメント)
  8. 〔イシュアー〕資金決済
  9. 〔アクワイアラー〕決済銀行から資金を受領(加盟店への売伝立替払金回収)
  10. 〔イシュアー〕カード会員からカード取引代金回収

海外における決済

次の図は海外カード取引における決済フローを示したものです。ここではVISA/MasterCardを例にとっています。JCB、ダイナース、アメックスの場合も、処理センターの所在地を別にすれば仕組みは同様です。

海外における決済

  1. 〔イシュアー〕カード発行
  2. 〔カード会員〕海外で商品・サービス購入
  3. 〔海外加盟店〕売伝デポジット、売上代金回収
  4. 〔海外アクワイアラー〕売伝を中央カード処理センターに送付
  5. 〔国内アクワイアラー〕売伝を中央カード処理センターに送付
  6. 〔処理センター〕ネットポジションをアクワイアラーおよびイシュアーに通知
  7. 〔処理センター〕全メンバーのネットポジションを決済銀行に通知、決済を依頼
  8. 〔イシュアー〕資金決済
  9. 〔アクワイアラー〕決済銀行から資金を受領(加盟店への売伝立替払金回収)
  10. 〔イシュアー〕カード会員からカード取引代金回収

海外における決済は、取引処理センターの名称やカード利用地(加盟店所在地)など一部を除き、基本的には国内とほぼ同じです。決済銀行の所在地は、VISAは日本、MasterCardはアメリカです。また、カード処理センターは、現地通貨を米ドルに換算し、クリアリングとネットポジションの算定を行います。

なお、上記の表の中で留意すべき点は、①売上伝票の建値は現地通貨とすること(④~⑤)、②決済日はネットポジション通知日から2営業日後であること(図⑦)の2点です。

国際プランドの外貨換算レート

国際ブランド5社が使用する外貨換算レート並びに手数料は現在約50種類の外貨により、全世界のクレジットカード取引の99.5%以上がカバーされています。

SNSでもご購読できます。